本文へジャンプメニューへジャンプ

駅改良工事・バリアフリー化の取り組み

千歳烏山駅

完成イメージ
完成イメージ

駅構内マップ(完成予想)

工事内容

千歳烏山駅はバリアフリー化並びに駅施設の利便性向上のため、駅改良工事を実施しています。

南口改札および北口改札を新設し、南口改札〜下りホーム、北口改札〜上りホームを結ぶスロープを新設するほか、各ホームにだれでもトイレを設置します。また、既存の地下道部にエレベーターを設置します。あわせて、各ホームに待合室を設置します。なお、現在の地下東口は改良後に閉鎖します。

<バリアフリー設備>

  • 南口(改札内) スロープ1カ所、階段1カ所
  • 北口(改札内) スロープ1カ所
  • 南北自由通路 現況地下道にエレベーター2基(南北各1基)
  • 旅客トイレ 男子・女子・だれでもトイレを改札内に設置(上下ホーム各1カ所)

建物概要

既存建物改修、一部増築

完成時期

2011年8月竣工予定

進捗状況

  • 2010年11月に、南口改札、北口改札を新設(地下東口は閉鎖)しました。また、南口改札〜下りホーム、北口改札〜上りホームを結ぶスロープを設置し、段差解消を図りました。
  • 2011年3月に、地下自由通路エレベーターの使用を開始しました。
  • 北口

    イメージ
  • 北口改札

    イメージ
  • 南口

    イメージ
  • 南口改札

    イメージ
  • 北口側から

    イメージ
  • 地下自由通路のエレベーター

    イメージ

▲ページトップへ

京王ナビへ