本文へジャンプメニューへジャンプ

駅改良工事・バリアフリー化の取り組み

多磨霊園駅

完成イメージ
完成イメージ

駅構内マップ(完成予想)

工事内容

多磨霊園駅はバリアフリー化並びに駅施設の利便性向上のため、駅改良工事を実施しました。

南北自由通路を併設した橋上駅舎とし、エレベーターやエスカレーター、だれでもトイレなどバリアフリー設備を設置しました。新たに南側出入口を設置し、駅南側から踏切を渡らずに駅をご利用いただけるようになりました。

<バリアフリー設備>

  • 南口 階段1カ所、エレベーター1カ所、エスカレーター2基(昇降各1基)
  • 北口 階段1カ所、エレベーター1カ所、エスカレーター2基(昇降各1基)
  • 改札内 階段2カ所(各ホーム各1カ所)、エレベーター2基、エスカレーター4基(各ホーム昇降各1基)
  • 旅客トイレ 男子・女子・だれでもトイレを改札内に設置

建物概要

敷地面積1,570.0m2
建築面積470.7m2
延床面積1,125.0m2
構造・規模杭基礎一部直接基礎
鉄骨造一部鉄筋コンクリート造
地上2階
建物高さ11.5m

完成時期

2011年3月竣工

進捗状況

  • 2010年11月に橋上駅舎への切替を完了しました。エレベーター(北口を除く)・エスカレーターの使用を開始し、段差解消を図りました。あわせて、改札内にだれでもトイレを設置しました。
    また、南口と南北自由通路を新設したことにより、駅南側から踏切を渡ることなく駅をご利用いただけるようになりました。
  • 2011年3月に北口エレベーターの使用を開始し、駅改良工事が完了しました。
  • 踏切側から

    イメージ
  • 北口側から

    イメージ
  • 改札口

    イメージ
  • 改札内とホームを結ぶエレベーター

    イメージ

備考

近隣にある東郷寺をイメージさせる縦の軸線を強調した構成と、シンボリックな屋根、多磨霊園の緑などの色彩を取り入れたデザインとしています。

▲ページトップへ

京王ナビへ