あいぼりー110号
2/24

 井の頭線には、知る人ぞ知る可愛いカフェが多くある。今回訪れたのは、永福町駅と西永福駅のちょうど中間くらいにある『チェルシー ガーデン』というアンティークカフェ。イギリスに住んでいたこともあるという女性オーナーが「アンティークに囲まれて、非日常の世界を楽しめるように」という想いで、この癒しの空間を作り上げた。店内のインテリアはアンティークで統一されていて、ヨーロッパから買い付けたものもあるオシャレな雑貨は全て購入可能というから驚きだ。 カフェで一番人気というダークチェリータルトを注文してみた。甘くて柔らかなさくらんぼを使ったタルトと冷たいバニラアイスの口どけに、思わず笑みがこぼれてしまう。もともと陶器屋さんだったことから食器にもこだわられていて、まるでヨーロッパの老舗カフェに来たかのような気分を味わえる。 長居したくなるカフェというのはこういう店だと改めて気付かされた。もう少し涼しくなったら、次は緑に囲まれたテラス席を利用しに来てみよう。下北沢や神泉、吉祥寺など散歩したくなる街が多い井の頭線。世界中を旅してきた旅ガール・たじはるが沿線で見つけた“カワイイ!”スポットをご案内します。SPOT DATAチェルシー ガーデンB杉並区永福4-18-1T03・3322・8545W www.chelseagarden.net/vol.3旅人・フォトグラファー・ライターすべてを担う新しい職業、“トラベルフォトライター”としてオリジナリティのある記事をさまざまな媒体で発信。著書に、『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)。インスタグラムアカウント @haruka_tajima も人気。田島 知華(たじま はるか)店内は太陽の光だけで割と明るいのでISO感度は200〜400で十分。お店のあちこちに飾られているアンティーク雑貨はどれも可愛く、広角レンズで店内風景を広めに撮影するも良し、単焦点レンズで気に入った雑貨だけにフォーカスするも良し。どう切り取っても海外のカフェのような写真が撮れる。2ivory 2018 September

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る