あいぼりー112号
20/24

PICK UP!「スポーツの力で沿線を盛り上げたい!」京王電鉄が東京八王子ビートレインズのオフィシャルパートナーに東京八王子ビートレインズ大おお金がね広ひろ弥や選手(右)、京王電鉄株式会社 広報部 清水 詳さん(左)期、B2リーグへの昇格を果たしたプロバスケットボールチーム「東京八王子ビートレインズ」。京王電鉄は、躍進するこのチームのオフィシャルパートナーとなりました。大金「多くの人が知っている京王電鉄さんにパートナーとなっていただき、フロントも僕たち選手も、うれしくもあり驚いてもいます」清水「ビートレインズさんとは、パートナーになる以前から協同イベントを開催したり、オリジナルグッズを作ったりとさまざまな取り組みを行ってきました。当時から『スポーツの力で沿線を盛り上げたい!』という共通の想いがあったので、正式にパートナーとしてビートレインズさんを応援できることを、こちらもうれしく思っているんです」大金「僕たちのチームの理念も『バスケで八王子を盛り上げる!』ということ。八王子の人たちは本当に地元愛が強くて、“おらが町のチーム”としてビートレインズを応援してくれています。その期待に応えるためにも、さらに上を目指していきたいですね」 昨年9月から始まった2018─19シーズンのユニフォームには、新しく「KEIO」のロゴが入っています。清水「今回初めてユニフォームにロゴが入ったのですが、チーム名に『トレイン』とあるだけにしっくりきていますね(笑)。こうして実物を見てみると、オフィシャルパートナーとしての責任の重さを改めて感じます」大金「僕たちもロゴを背負っているからには、いいプレーをしなければ、と励みに感じています」今 また、オフィシャルパートナーとなったことをきっかけにした、京王電鉄×東京八王子ビートレインズのコラボ企画も予定されているのだそう。清水「2016年から行っている『京王電鉄マッチ』のような冠ゲームをはじめ、“ブースター”(ファン)の方々を盛り上げる企画を考えていきたいと思っています」大金「『京王電鉄マッチ』のときは、会場案内として京王電鉄さんの駅メロディを流すといった仕掛けが楽しかったですね」清水「ビートレインズさんとだから、実現できた仕掛けでした(笑)。これからどんな企画を実現していこうか考えると、ワクワクしてきますね!」大金「そうですね。僕たちは、もっと多くの方にビートレインズのことを知っていただいて、『試合がある日は沿線の飲食店が盛り上がる!』と感じてもらえることを目指します。さらには『京王沿線に住むと、ビートレインズの試合を見に行きやすい!』なんて言ってもらえるようになれたら……(笑)」清水「『スポーツの力で沿線を盛り上げたい!』を合言葉に、これからも一緒に頑張っていきましょう!」京王電鉄株式会社 wwww.keio.co.jp/東京八王子ビートレインズ whttps://trains.co.jp/B.LEAGUE 2018─19シーズン東京八王子ビートレインズ ホームゲーム 京王電鉄マッチVS.香川ファイブアローズK狭間駅下車徒歩1分 B八王子市狭間町1453-1 エスフォルタアリーナ八王子 h3/8(金)・9(土) T☎042・649・4440whttps://trains.co.jp/ticket/ ※試合スケジュールやチケットの詳細についてはビートレインズのHPをご確認ください 「オリジナルクッション」を3名様にプレゼント! 詳しくはP.23へ20ivory 2019 January

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る