あいぼりー110号
6/24

井澤駿さんに誘われて…… ダンサーの美しい動きや繊細な衣裳、壮大なオーケストラなどさまざまな要素で構成される、総合芸術の一つ「バレエ」。『白鳥の湖』『くるみ割り人形』といった世界中で愛され続ける王道作品から、『シンデレラ』『眠れる森の美女』など、誰もが親しみやすい作品まで、演目の種類が多彩なのもバレエの魅力です。 「物語を楽しむのはもちろん、お気に入りのダンサーを見つけたり、生演奏に酔いしれたり、楽しみ方はいろいろ。自分だけの鑑賞ポイントを探して、バレエを堪能してください」と井澤さん。これを機に、バレエの世界に誘われてみては?ダンス、音楽、物語。すべてが洗練された バレエの魅力に浸るチケットは劇場のボックスオフィス※や電話、ウェブサイト、コンビニエンスストアなどで事前に購入できます。1万円台の席もありますが、公演によっては数千円で楽しめるチケットや当日券も!※チケット取扱所バレエを鑑賞する服装に特別な決まりはなく、清潔感があればカジュアルな服装でも問題なし。非日常感を味わうために、いつもより少しおしゃれをして出かけてみるのもGood!新国立劇場のバレエ公演では、あらすじや配役、見どころが載った無料リーフレットが配布されます。事前に目を通して公演のポイントや出演者の情報を押さえておくと公演をより楽しめます。プラットガールオトナカルチャー初心者オトナカルチャーデビューで一番大切なのは、新しい世界を怖れないこと。今回は、バレエダンサー・井澤駿しゅんさんの案内でバレエの世界に飛び込んでみました!新しい世界にとびこんでみる。Lesson01チケットは事前購入がおすすめ服装は清潔感が大切!あらすじや出演者をチェック!Q&Aバレエビギナー必見!座席の種類が豊富でどの席で観るか迷ってしまいます。初心者におすすめの座席を教えてください!QQQダンサーがはっきり見える1階のセンターがベスト! 気軽にバレエを楽しむなら、比較的リーズナブルな上階の席もおすすめです。AAA初めてのバレエ鑑賞を充実させるお役立ちアイテムや、持っていると便利な鑑賞グッズはありますか?舞台から離れた座席での鑑賞に重宝するのがオペラグラス。ダンサーの細かな動作からオーケストラの演奏風景までばっちり見えます。どうせなら、公演前後の空き時間も楽しみたい……! 公演前や幕間の時間を満喫できる過ごし方は?私は幕間に劇場を探検しながら、場内の構造に感動しています。ロビーで食事をしながら、感想を語り合うのも楽しいですよ。バレエの世界へ!6ivory 2018 September

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る