あいぼりー112号
6/24

座禅や写経など、現実の社会から一歩距離を置いたお寺だからできる心を落ち着かせる体験をご紹介します。凜とした自分を取り戻すお寺で…座禅体験6つのSTEPお寺に到着後、住職にごあいさつをしたら、まずは書院で準備から始めます。粉末状のお香をいただき、唇や腕、衣服などに塗っていきます。本堂に入る前に、体を清めます。テストとして10分座ったあと、いよいよ20分の座禅体験がスタート。集中できなくなった人には……おなじみの「警きょうさく策」でピシリ! 住職からのありがたい“活”が入ります。住職のご指示のもと、境内の掃除を行います。辺りに広がる緑を眺めながら、心を込めて掃除してみて。終わる頃には境内だけでなく、自分の心もきれいになっているはず。住職の先導で本堂に移動。座禅の方法が記された「止し観かん作法」を住職と一緒に読んだり、体をほぐしたりと、座禅に向けて心と体を整えていきます。呼吸法や姿勢もここで教わります。座禅が終わったら「般若心経」を唱え、その後に再度「止観作法」を読み上げます。読みがな付きの紙があるので、初めてでも大丈夫。その後、5分ほど住職の法話を聞きます。受付し、お香を体に塗る01本堂に移動して準備02住職と庭の掃除05読経&説法04いよいよ座禅!03祇園寺での座禅体験の様子。静かな環境で、心からリフレッシュできると好評です。6ivory 2019 January住職と庭の掃除

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る