本文へジャンプメニューへジャンプ

調布駅付近連続立体交差事業

シールド工事の状況

調布駅付近連続立体交差事業では、調布駅を挟んで2台のシールドマシンでトンネルを作ります。現在、国領駅〜調布駅間、調布駅〜西調布駅・京王多摩川駅間のシールド工事を進めております。

シールド工法 イメージ図

シールド工事の様子

右の矢印をクリックすると、次の工程をご覧いただけます。左の矢印をクリックすると前の工程に戻ります。

国領駅〜調布駅間下り線シールドトンネル構築まで

調布駅〜西調布駅間下り線シールドトンネル構築まで

▲ページトップへ

シールドマシン

シールドトンネルを作るシールドマシン(写真は工場で仮組立てしたもの)です。直径約7m、総重量約350tです。

国領駅〜調布駅間シールドマシン

国領駅〜調布駅間シールドマシン
調布駅〜西調布駅・京王多摩川駅間シールドマシン
調布駅〜西調布駅・京王多摩川駅間シールドマシン

▲ページトップへ

立坑全景

国領駅の西側狛江通りと、調布駅〜西調布駅間の鶴川街道のすぐ脇に作られた立坑(たてこう)と呼ばれるシールドマシンの基地です。深さ約15mの穴で、この中にシールドマシンを搬入します。
防音ハウスは立坑に設けたシールドトンネル建設のための設備を備えた施設です。

狛江通り西側立坑
(防音ハウス建設前)
狛江通り西側立坑(防音ハウス建設前)
狛江通り西側立坑
(防音ハウス建設後)狛江通り西側立坑(防音ハウス建設後)
鶴川街道東側立坑
(防音ハウス建設前)
鶴川街道東側立坑(防音ハウス建設前)
鶴川街道東側立坑
(防音ハウス建設後)
鶴川街道東側立坑(防音ハウス建設後)

▲ページトップへ

京王線・井の頭線の運行情報 鉄道事業の取り組み
京王ナビへ