新型車両5000系開発秘話

Interview:開発者が語る「新型5000系」の軌跡
課長 若松茂則

開発秘話Vol.1 京王電鉄 車両電気部 車両計画改良担当 課長 若松茂則

座席指定列車導入のきっかけをつくった立役者の1人であり、車両の設計・デザインを手がけた「車両電気部 若松課長」にお話を伺います。

座席指定列車導入のきっかけをつくった立役者の1人であり、車両の設計・デザインを手がけた「車両電気部 若松課長」にお話を伺います。

鉄道部門が一体となったプロジェクトチーム その結成なくして、5000系の導入はあり得ませんでした

座席指定列車として使用する新型車両5000系の導入経緯について

【Q】導入のきっかけを教えてください

他社線との競争激化や少子高齢化の進行など外部環境の変化が激しい中、通勤利用者やご高齢のお客様からの「座って帰宅したい」というご要望にお応えするため、座席指定列車としての導入の検討が2014年夏ごろから始まりました。
過去にも数回導入を検討した記録が残っていますが、断念したと聞いています。今回は、当時とは状況も変わっており、なにより鉄道部門が一体となったプロジェクトチームを結成し、その中で熱い議論を行い、様々な課題をクリアしたことが座席指定列車(以下5000系)導入に繋がった最大の要因だと思います。

【Q】どういう熱い議論があったのでしょうか?

プロジェクト内で私は、既存車両を改造するよりも新造車両として座席指定列車を導入する方が大手鉄道会社としてインパクトがあることなどから、車両を新造することを提案したのですが、その時は反対意見もありました。しかし、話し合いをしていく中で、当社初の座席指定列車導入には、やはり「京王電鉄の従来イメージを変える車両」がふさわしいのではないかという意見が大勢となり、私の提案が通りました。
その後、他社でも新造車両を使用した座席指定列車のサービスが発表されていく中で、あの時に諦めなくてよかったと思ったものです。(笑)

イメージ

開発する上でのこだわり

【Q】デザインは社内投票としたそうですが、早い段階からデザインのイメージがあったのですか?

「従来イメージの刷新」が大前提にありましたので、まず車両デザインを考えました。早期にデザイン案を複数検討し、社内投票を実施したことは、社内の座席指定列車導入のモチベーションを上げるためであり、狙い通り上層部やプロジェクトチ―ムはもちろん、多くの社員の期待感・高揚感を高めることができたと思っています。会社全体で課題感を持ってこのプロジェクトを進めていけたことは重要だったと思います。

イメージ

【Q】デザインの中でも象徴となる「正面形状」についてお聞かせください

先頭車両のデザインを考える時、ノーズ(先端形状)を長くしたデザインが映えるため、どの程度まで長くできるか、車両基地の留置状況や駅のホームなどを検証しました。最大2mまで延伸可能でしたが、ホームや車両間の干渉具合を検証した結果、先頭車両を約500mmまで延伸することが最適であることがわかりました。今までの京王電鉄車両には無かった形状ですから、実際の車両をご覧になると、その500mmが生み出す大きな違いを感じていただけると思います。

【Q】デザインの他にも特徴的な設備である「転換式座席」の開発についてお聞かせください

座席指定列車として使用する時はクロスシート、通常列車として使用する時はロングシートの両方に使用できる転換式座席は、総合車両製作所と他社の特急列車に導入実績があるコイト電工とゼロから共同開発を行いました。
その結果、ロングシートの状態から楕円を描くように座席を回転させてクロスシートにする方法を採用し、乗り心地の向上と故障リスクの軽減の追及を目指し、3度もの試作を行った上で完成に結び付けました。

【Q】配色では前面の「スカート」がピンクなのが目立ちますね

イメージ

当初デザインでは、正面下部と同じ色(シルバー)になる予定でした。京王レッドに塗色した方が良いのではと思いついたのは、正面から見た時の色合いや雰囲気が寂しいのではないかと感じたからです。ピンクのスカートでありながらも、ノーズのシャープなラインが格好良かったりするので、けい太くん(8000系をモチーフにした京王電鉄キャラクター)のようにキャラクターを作るのであれば女の子になるのか、男の子になるのか気になるところですね(笑)

通常列車運行開始を控えて、そして座席指定列車運行に向けて

【Q】これから多くの方の目に触れるかと思いますが、新型車両を見るオススメスポットはありますか?

カーブを抜けてホームに入ってくる時の、艶やかで美しい佇まいを見ていただきたいですね。高尾山の山々をバックに走る姿や、青空のもと多摩川の橋梁を渡る姿などは車両が綺麗に見えるのではないでしょうか?

【Q】最後に、現在の心境を聞かせてください

新しい車両をご覧になったみなさんが、「京王電鉄へのイメージが変わった」と驚かれています。そう言っていただける車両を、各部門の技術・知識の結集によって実現できたことを非常に嬉しく思っています。整備を20年、設計を20年担当してきて感じるのは、新しい車両を製作することは、培った技術を後輩に伝承することでもあるということです。来春の座席指定列車運行に向けて、ここからが本当のスタートだと考えております。

主任 大川晶

開発秘話Vol.2 京王電鉄 車両電気部 車両計画改良担当 主任 大川晶

車両の企画・設計から携わり、整備・試験チームのリーダーも務めた車両電気部 大川主任に語っていただきました。

車両の企画・設計から携わり、整備・試験チームのリーダーも務めた車両電気部 大川主任に語っていただきました。

ご乗車いただくお客さま、運転する人、 様々な立場の目線を意識し、 より多くの方に使いやすい電車を造りたい!

入社動機は「電車を造りたい」という想いでした

【Q】希望通りの部署に配属され、運良くチャンスが巡ってきましたね。

はい。入社した2009年は新造車両を造るかまだわからない時期でしたが、新造のチャンスがあれば携わりたいと思っていました。今回の5000系の話が社内で出たときには、真っ先に手を挙げました。一度手を挙げてから時間が経過していたので、上司に忘れられていないかもう一度確認するほどあの時の自分は前のめりだったと思います(笑)

【Q】開発者として、どういう車両を造りたいと思っていたのですか

イメージ

設備や装置は最新でありながら、車両間の引き戸の開く方向を既存車にならったり、ドアチャイムや警笛も従来の音源を再現したり、ご利用していただくお客さまにとって違和感がないものにしたいと思っていました。
従来より親しまれてきた「京王らしさ」を引き継ぎながらも、いい意味で「京王らしくない」車両に進化させ、快適性・利便性の向上を目指したいと思っていました。

【Q】実際に開発していく中で、その想いは実現できましたか?

プロジェクトチームの一員として携わったため、私一人の実績ではありませんが、素晴らしい車両が出来上がったと思います。私の役割は車両の設計ですが、運転・整備など様々な役割が組み合わさって良いサービスが実現します。お客さまが快適にご乗車いただけるよう

  • ・お客さまのニーズ
  • ・わくわくできる車両
  • ・乗り心地と運転のしやすさ
  • ・安全のための整備のしやすさ

など様々な視点を加味して設計を行い、調整は大変でしたが、良いサービスが提供できる車両になったと思います。

座席指定列車にお客さまが求めるものとは

【Q】大川主任は、座席指定列車に何が求められていると思いますか?

イメージ 着席して移動できるという「快適性」が一番求められると思います。そのため、お客さまが快適に過ごせる車内空間づくりのために、できることはすべて実現するつもりで取り組みました。内装・設計の初期段階では、関東・関西の新型特急車両・通勤車両を試乗して周るだけではなく、宿泊施設や商業施設などジャンルの違う場所にも足を運び、5000系にふさわしい上品で落ち着きある内装・設備の検討をひたすら重ねました。
もっとも快適性が求められるものは、「座席」です。新型車両では、従来車より10mm広い460mmを確保し、座り心地を大きく向上させています。肘掛の内側を削って座席幅を広げるなどの工夫した点に自分のアイデアが採用されているので、乗車された際はご覧いただければと思います。

【Q】内装でこだわったのはどのような部分ですか。

クロスシート時に、窓際のお客さまが携帯電話や小物などを置けるように窓フレームの下枠の幅を広げ、落下防止の「かえし」を付けたことです。他にも運転士の背面にある窓を大きくして手すりを設け、お子様連れのお客さまも前面の展望を楽しめるようにしたことや、指紋の残らない処理を施し清潔感を演出した手すりなど、こだわりを挙げれば尽きませんね。

イメージ イメージ

運転操作がしやすく乗り心地の良い車両にするために

【Q】乗り心地の良い車両にするためにどのようなことをされたのでしょうか?

イメージ

鉄道の新造車両は製造したものを受け取って終わりではなく、走行性能の様々な調整が乗り心地の向上には不可欠です。そのために数々の試運転を行い、机上のデータに基づく調整に加え、運転士の方々から意見をもらい機器に反映させることを通じて、快適な車両に仕上げていきました。
たとえば、ブレーキをとってみても様々な速度域での走行データをとるだけではなく、実際の運転の感覚なども参考に、ブレーキの効きを微調整するなど、乗り心地と運転のしやすさを追求しました。
こうした努力の結果、最終的には乗務員から、「すごく運転しやすくなったよ」と声をかけていただきました。このときは素直にうれしかったです。

もっとわくわくする車両に

【Q】放送装置の質が良いと聞きましたが

「放送装置」は高音質なステレオスピーカを採用しました。BGMが流せるよう音源を内蔵でき、また、外部プレイヤーにも接続ができるものを採用しました。BGMのアイデアは、以前社内で「車両を使ったイベントで音楽を流したい。」と要望されたこともあり、宣伝商品としても使いやすい車両になるべく設置いたしました。これを使って音楽イベント列車などわくわくする電車になっていけたらいいなと思います。

【Q】最後に、電車好きな人に何か耳よりな情報はありませんか?

実は5000系の運転席画面には、エネルギーモニタ機能が加わっています。エネルギーモニタとは、今どれだけ省エネに貢献しているかを「見える化」したものになります。運転席をご覧の際は探してみてください。今後、このモニタを活用して、さらなる効率の良い省エネを検討していきます。お客さまの快適性向上に留まらず、地球環境にも優しい電車ですので、みなさんに可愛がっていただけたらと思います。

イメージ
課長補佐 川島洋祐

開発秘話Vol.3 計画管理部 企画担当 課長補佐 川島洋祐

座席指定車両PR分科会の事務局として中心的に働かれていた計画管理部 川島課長補佐にお話を伺います。

座席指定車両PR分科会の事務局として中心的に働かれていた計画管理部 川島課長補佐にお話を伺います。

【Q】川島さんはもともと鉄道の人ではなかったそうですが?

16年ぶりの新車導入というビックイベントに、まさか自身が携わるとは夢にも思いませんでしたね。プロジェクトに参加した時、入社9年目にして鉄道部門へ初めて異動となった年でもありました。鉄道部門外での経験を活かせるよう、よりお客さま目線で考えることを大事にしていきたいという想いがありました。

具体的に行ってきたプロジェクト管理業務

【Q】未経験の部署で京王ライナーをPRしていくこととなったわけですが PR分科会ではそもそもなにをされていたのでしょうか?

イメージ

私が在籍する部署は鉄道事業の企画・計画管理を行う部署なので、サービス内容や予算・収支の検討、車両製造やサービス開始に合わせたキャンペーンなど、業務は多岐にわたりました。その中でも「どのようにしてお客さまへサービス内容を発信していくのか」というPR戦略を策定するのがPR分科会でした。PR分科会では、お客さまにどう認知してもらい、またどう共感してもらうか、そしてどう購入にまで至ってもらうかといった一般的にマーケティングと呼ばれる施策を考えました。

PR施策第1弾-愛称について

【Q】愛称をお客さま投票にしたのはなぜですか?

座席指定列車のサービスインに向けて期待感を高め、広くその存在を知ってもらうことに加え、サービス開始後も愛着を持ってもらえるよう、PR施策の一番最初にお客さま投票による愛称募集を企画しました。結果としては、30以上の案の中から社内投票で5案に絞り、そこからさらにお客さまに投票をしていただき愛称を決定する方法を採用することになりました。

【Q】反響はいかがでしたか?

イメージ

お客さま投票は4月27日~5月19日を期間としてWEB投票を行い、23,659人もの方にご参加いただくことができました。正直に言うと、ここまで参加していただけるとは思いませんでしたね。5案の中からの投票でしたが、ご自身が考えた愛称を手紙でお送りいただいた方もいらっしゃり、多くの方が楽しみながらこの企画に参加していただいたと思っております。

ちなみに、投票結果の詳細は以下の通りでした。

  • 1位:京王ライナー6,282票
  • 2位:京王プライムライナー5,668票
  • 3位:京王スマートライナー4,219票
  • 4位:Luxpress(ラクスプレス)3,855票
  • 5位:WESTAR(ウェスタ―)3,635票

個人的にはウェスタ―が良いかな~と思っておりましたが、京王ライナーになりましたね(笑)これからみなさんに京王ライナーと呼ばれるのを楽しみにしています。

試乗会について

【Q】京王ライナーとして運行を開始する前に、通常の営業列車として走り出した5000系ですが、新型車両の試乗会は芸能人などを招いた京王電鉄にしては珍しいイベントでしたね。

イメージ

そうですね、鉄道ファンの芸能人をお招きしたこともそうですが、愛称投票との連動イベントとして、投票いただいたお客さまの中から200名を試乗会にご招待しました。試乗区間は、少しでも長く楽しんでいただけるように若葉台→多摩動物公園に試乗区間を設定しました。試乗会の内容も、芸能人を招いた出発式や車内イベント、つつじヶ丘折り返し時の手動座席転換体験やクロスシートからロングシートへの自動転換披露など、思い出に残るような試乗会になったと思います。
また、試乗会では「記念プレート」「ピンバッジ」「ネクタイピン」の3点セットを記念品として制作し、ご参加いただいたお客さまにプレゼントしました。小さなお子さまも参加していたので、大人になっても大事にしてもらえたら嬉しいですね

【Q】当日の反響はいかがでしたか?

お客さまからは乗り心地や静かな運転に加えて、いつもと違う景色の京王沿線を眺めることができたと、満足の声をいただけました。多摩動物公園駅での撮影会では、終了時間が来ても新型車両の撮影に熱中されているお客さまを見て、試乗会を開催して本当に良かったと思えましたね。台風が接近していたため当初は開催も危ぶまれましたが、みなさんの願いが通じたのか、無事開催できるはこびとなりました。

ロゴについて

【Q】電車のロゴとしては京王電鉄初だと思いますが、どういったコンセプトかを教えてください。

イメージ

京王ライナーの頭文字「K」と「L」を組み合わせるとともに、5000系車両のフロント部分のデザインを表現しています。また、「KEIO LINER」の文字は、スピード感と柔らかさを併せ持つ書体で表現しています。
ロゴ制作にあたっては、お客さまがそれを見て座席指定列車であることを認識してくれるものにしたいということはもちろんのこと、当社初の電車のロゴということで、何としてでも車両表示器に表示させたいという想いがありました。
今のロゴになるまでデザイン会社と協議を重ねるとともに、デザイン案が出来上がる度、車両表示器で本当にこのロゴが表示できるのか、エクセルを使ってドットデザインを自作したり、5000系車両の表示器に当て込んだり、実際にロゴがどのように見えるのか何度も繰り返し検証を行いました。最終的にはシンプルながらも座席指定列車サービスを表現している今のロゴになり、満足しています。

その他にもPR施策として

【Q】その他PR分科会ではどのようなことが話されたのですか?

京王ライナーは、WEBでの購入が便利であるということを一つの売りにしています。そのため、WEBページの充実に力を入れました。
また、京王ライナーは通勤だけでなく、土日にご家族で外出された際のお帰りなどでご利用いただきたいという想いもありましたので、プラレールやお子様向けの絵本の発売など多くの方に愛される京王ライナーを目指した展開を図りました。

今後に向けて

【Q】京王ライナーの魅力とこれからについて一言お願いします。

京王ライナーは車内設備が充実していることはもちろんですが、新宿発24時20分と夜遅くまで運行している点や、京王多摩センター駅まで最速24分・京王八王子駅まで最速35分という点にも注目してもらいたいです。今後も京王ライナーのようなお客さまのニーズに合わせた輸送サービスを企画・提供していくことを通じて、京王沿線を住みやすい街にしていきたいと思います。

開発秘話Vol.4 鉄道営業部 事業開発課 課長補佐 花井計

京王ライナーのご利用にあたり、お客様にとって一番初めの接点となる「京王チケットレスサービス」や新宿駅に設置された「京王ライナー専用券売機」などを開発された事業開発課 花井課長補佐にお話を伺います。 

京王ライナーのご利用にあたり、お客様にとって一番初めの接点となる「京王チケットレスサービス」や新宿駅に設置された「京王ライナー専用券売機」などを開発された事業開発課 花井課長補佐にお話を伺います。 

【Q】まずは花井さんのいらっしゃる事業開発課がどんな課であるか、教えてください。

事業開発課は、自動改札機や券売機など駅にある機器の管理とICカード関係の業務を軸に、今回の京王ライナーのような新たなサービスや、新しい時代に合った働き方の「仕組み作り」を行う部署です。

具体的な業務内容について

【Q】京王ライナーに関して、具体的に作った「仕組み」にはどういったものがあるのでしょうか?

イメージ

今回私が携わった新たな仕組みで、お客様の目に触れる機会の多い言わば「表舞台」のものとしては、「京王チケットレスサービス」(WEBサイト上で座席指定券を購入できるサービス)と、新宿駅の京王ライナー専用券売機と満席・空席の表示器があります。「裏方」にあたるものも実は非常に多く、座席の在庫を制御するシステム、クレジットカードの決済を行うシステム、車内検札用システム、売上を集計するシステム、異常時にお客様にいち早く情報をお伝えするシステムなどがあります。

【Q】システムを作る上でどのような点に気を付けて取り組まれていましたか?

「京王ライナーに乗ってみようかな」と思って下さったお客様にとって、最初の接点となるのが「京王チケットレスサービス」や「京王ライナー専用券売機」です。
つまり、お客様の京王ライナーそのものに対する第一印象を決定づける非常に重要な部分です。
どうすれば、迷うことなくスムーズにお使い頂けるか、そして「また乗ってみよう」と思って頂けるかを常に考えながら開発に取り組みました。

【Q】仕組み作りはかなり試行錯誤を繰り返したと伺いました。

イメージ

当社にとっては初めての取り組みであり、社内には誰も経験者が居ないという状況でした。一方、多くの同業他社様で座席指定列車を導入されていますから、まずは「先輩」に学ぶところから始めました。直接ヒアリングをさせて頂くこともあれば、実際に各社の有料特急を利用してみるなど研究を重ね、京王の条件に合う仕組みを決めていきました。
こうしてある程度進めたところで、運転士、車掌、駅係員など現場で働く社員から意見を募り、軌道修正しながら仕上げていったというのが仕組み作りをするにあたっての大きな流れになります。
仕組みが出来上がっても、何十個もある仕組みが正常に作動するかどうか、試験作業を連日行うこともありました。

【Q】意見を集約するのはかなり大変な業務だと思いますが、修正に活かすことができた意見はどのようなものがありましたか?

約1,400件の意見が寄せられ、データ入力と分類だけでもかなりの業務量でした。意見をもとに修正を加えた例として、誤乗(一般の列車と間違えて京王ライナーにご乗車されること)防止対策の強化が挙げられます。具体的には、駅ホームと車内において「全席指定制」であること放送したり表示したり、「接近メロディ」を京王ライナー専用の特別なものとしたり、車内BGMを導入したり、といった取組につながっておりまして、普段お客様の意見をその場で聞いている現場の意見は欠かせないものでした。

専用券売機について

【Q】専用券売機を開発する中で画期的な点があれば教えてください。

イメージ

運行状況に合わせて座席指定券の発売時間を柔軟に変えられる点です。
ダイヤ乱れ等で定刻通りに発車できない場合でも、予定時刻でバサっと発売終了するのではなく、自動的に発売終了タイミングを延長する仕組みを導入しました。
これは、「券売機を信号システムと連係させる」という部門を超えた協力による工夫で実現させたものです。

京王チケットレスサービスについて

【Q】京王チケットレスサービスでは専用券売機にはないメリットがあるんですよね。

イメージ

まず何といっても専用券売機に並ばずにどこでも買えること、また実際の券に引き換える必要もなくご乗車頂けること、そしてご希望の席をシートマップから選べることが大きなメリットです。できるだけ多くの方にご利用頂くため、とにかく「誰でも迷わず簡単に操作できること」を重視し、画面のデザインには工夫を重ねました。また、お客様の大切なクレジットカード情報をインターネット上でお取扱いすることとなりますが、これも鉄道部門では初めての仕組みでしたので、細心の注意を払ってシステム構築を行いました。

最後に…

【Q】これで社員へのインタビューは最後になりますが、これから京王ライナーに乗車される方や、すでにご利用いただいている方に向けて一言いただけますでしょうか?

京王チケットレスサービスや専用券売機をはじめとした機器だけでなく、係員が行う業務の仕組み、それら全てにおいて「お客様に気持ち良くご利用いただく」ことをモットーに、関係者一丸となって作り上げてきました。
2月22日に無事にサービス開始を迎えることができましたが、これはゴールではなく、まだまだスタートを切ったばかりだと考えています。
今後もよりよい仕組み作りに努めて参りますので、京王ライナーをどうぞ末永くご愛顧下さい。