本文へジャンプメニューへジャンプ

ソーシャルメディア公式アカウント一覧

facebook

京王電鉄 プラットガール 京王線でゆく。
京王電鉄 プラットガール 京王線でゆく。

京王電鉄が展開する「プラットガール 京王線でゆく。」プロモーションの公式Facebookです。
TVCMやポスター、ブログなどでおなじみ、電車でプラッと出かけるのが大スキなカメラ女子「プラットガール」の魅力や、京王沿線の情報などを発信していきます。

けい太くん
けい太くん

京王電鉄キャラクター「けい太くん」の公式Facebookです。着ぐるみの出演情報や、けい太くんグッズ情報、京王の電車やけい太くんに関する豆知識など、色々なことを発信していきます。

京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター

聖蹟桜ヶ丘駅直結、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターの公式Facebookページです。ホームページやチラシなどではお伝えしきれない、新鮮な情報やさまざまなコンテンツをお届けします。

京王八王子ショッピングセンター
京王八王子ショッピングセンター

京王八王子駅直結、京王八王子ショッピングセンター(K-8)の公式Facebookページです。K-8のキャラクター「ケイハチ王子」が、ホームページやチラシなどではお伝えしきれない、新鮮な情報やさまざまなコンテンツをお届けします。

キラリナ京王吉祥寺
キラリナ京王吉祥寺

井の頭線吉祥寺駅直結、キラリナ京王吉祥寺の公式Facebookページです。ホームページや各種告知物ではお伝えできない情報などをお届けします。

中部地方インフォメーションプラザin京王新宿
中部地方インフォメーションプラザin京王新宿

新宿・京王モールにある観光案内所、「中部地方インフォメーションプラザin京王新宿」の公式Facebookです。飛騨高山や白川郷をはじめとした中部地方の観光地の最新情報やお得な高速バス乗車券を使った旅のご紹介に加え、インフォメーションプラザで開催するイベントのご案内など、さまざまな情報発信を行ってまいります。

twitter

運行情報
運行情報

京王電鉄運行情報のTwitterです。京王線・井の頭線において15分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合に運行情報をお知らせいたします。運行情報は随時更新しておりますが、実際の運行情報と異なる場合があります。最新の情報はhttp://www.keio.co.jpにてご確認ください。

街はぴ
街はぴ

京王沿線クチコミ情報サイト「街はぴ」のTwitterです。「街はぴ」とは、京王沿線各駅の周辺ショップ、イベントなどのクチコミ情報をお届けする沿線情報サイトです。京王沿線に関する口コミ情報をどんどん発信していきます。

京王PASMO電子マネー
京王PASMO電子マネー

PASMO電子マネー加盟店募集サイトのTwitterです。
 PASMO電子マネーとは、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードで、お買い物やご飲食の代金をお支払いいただけるサービスです。
 当社では、首都圏におけるPASMO電子マネーの導入を推進しています。http://keio-emoney.jpもあわせてご覧ください。

LINE

京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター

聖蹟桜ヶ丘駅直結、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターのLINE@公式アカウントです。友だち登録で、せいせきのお得な情報や最新情報などをお届けします。

ソーシャルメディアポリシー

 このソーシャルメディアポリシーは、京王電鉄株式会社(以下「当社」という。)の社員をはじめ、当社の業務に係わる全ての者(外注委託先を含む)を対象に、ソーシャルメディア(注)を利用する上で守るべき基本原則を示したものです。
 当社は、「京王グループ理念」として、「つながりあうすべての人に誠実であり」、「『信頼のトップブランド』になることを目指し」ていることから、ソーシャルメディアのコミュニケーションツールとしての有用性を認識し、ソーシャルメディアに積極的に係わってまいります。
 一方、当社は、当社の業務に係わる全ての者が、ソーシャルメディアを個人として利用することは、基本的には個人の権利であり自由であるものの、ソーシャルメディアの誤った利用により、当社および当社のお客様・株主の皆様・お取引先等に対して、有形無形の損害を与えてはならないという義務も同時に負っていると考えております。
 そこで、当社は、ソーシャルメディアの利用に関して、その義務を果たしながら、安心して係わることができる環境を整えるため、以下に基本ルールを定めるものとします。
 当社業務に係わる全ての者は、業務上の利用または個人の私的利用を問わず、これを遵守してまいります。
(注)ソーシャルメディア
 本ポリシーでいうソーシャルメディアとは、ソーシャルネットワーキングサービス、ブログ、ツイッター、電子掲示板、動画投稿サイトなど、「インターネット上で行う参加型の情報交換手段全般」を指します。

T. ポリシー

ソーシャルメディアを利用する前に

1.法令・社内規程類の遵守

 各種法令・社内規程類を遵守してください。特にソーシャルメディアの利用においては、著作権やプライバシー権など第三者の権利を侵害しないように注意してください。また、万一当社に係わる炎上等の危機を発見した場合は、社内ルールに則った報告や対応を行ってください。

2.インターネットの特性の理解

 インターネットは不特定多数の利用者がアクセス可能な「公開の場」です。たとえ限定的に共有したつもりの情報でも、転送やリンクによって広まる可能性があります。また、一度インターネット上に公開された情報は、半永久的に残存してしまう危険があることを理解してください。

ソーシャルメディアを利用する時に

3.個人情報(実名等)登録時の注意

 ソーシャルメディアに自分の個人情報を登録・公開する際は、事前に利用するサービス内容を吟味し、十分検討してください。また、たとえ匿名でサービスを利用していても、過去の投稿内容等から個人が容易に特定される場合があることを理解してください。

4.責任ある情報発信

 自己の情報発信には責任をもち、誠実かつ慎重に行動してください。また、個人的なソーシャルメディアの利用において、当社の構成員であることを明かしている、あるいは推定される言動を行っている場合は、あくまで一個人の意見であり、当社の意見・見解を代弁したものではないことを明記してください。

5.情報漏洩の禁止

 自己の所管であるか否かを問わず、業務上知り得た機密情報を漏洩・公表してはいけません。また、お客様や当社関係者などの個人情報を漏洩・公表することも禁止です。

6.誹謗中傷等の禁止

 侮辱や名誉棄損、差別的表現をしてはいけません。特定の思想、信条、宗教、政治、あるいは企業や個人等に対する攻撃的発言も控えましょう。また、批判を受けた場合、感情的に反論することは避けましょう。気持ちが高ぶっているときは、ソーシャルメディアを利用しないことも選択肢の一つです。

ソーシャルメディアを利用した後に

7.誤った内容を投稿した場合の対応

 誤りに気付いたり指摘されたりした場合には、速やかに「訂正」することが望まれます。インターネットでは過去の投稿をなかったことにはできません。誤りを素直に認め、「削除」するのではなく、「訂正」することが重要です。ただし、当該投稿を残しておくことが不適切であると考えられる場合は、その旨のコメントを添えた上で、削除してください。

U. その他

1.お客様および利用者の皆さまへ

 ソーシャルメディアにおける当社の業務に係わる者からの情報発信は、必ずしも当社の公式な発表・見解を表すものではありませんので、その点につきましてはあらかじめご了承ください。なお、当社の公式な発表・見解に関する情報の発信は、当社ホームページ(http://www.keio.co.jp/)およびプレスリリースなどで行っております。

2.ソーシャルメディアに関するお問い合わせ

 当社のソーシャルメディアポリシーおよび当社の業務に係わる者のソーシャルメディアの利用に関するお問い合わせにつきましては、当社のお客様センター(連絡先:042-357-6161)までご連絡ください。

以 上

▲ページトップへ

京王ナビへ