本文へジャンプメニューへジャンプ

バリアフリー化

バリアフリー化

 全てのお客様にご利用いただきやすいよう、バリアフリー設備を整備しています。エレベーターなど主要な設備の整備については、国や地方自治体の助成制度を活用しているものもあります。

ホーム安全対策

エレベーター・エスカレーター・スロープ

 全駅の出入口から各ホームまで段差がなく移動できるよう、エレベーターやスロープを設置している他、エスカレーターを設置しています。エレベーターは66駅に、エスカレーターは47駅に設置しています。

幅広自動改札機

 車いすをご利用のお客様や大きな荷物をお持ちのお客様などにご利用いただけるよう、通路幅を広くした自動改札機を68駅に設置しています。

触知案内図・点字による案内

触知案内図

触知案内図

 凹凸・点字・ピクトグラム(案内用図記号)を用いた触知案内図を全駅に設置しています。
 また、自動券売機には点字および音声案内機能を備えている他、点字運賃表を全駅に、点字手すりを全ての階段に設置しています。

多機能トイレ

多機能トイレ

 車いすをご利用のお客様や小さなお子様連れのお客様にも安心してご利用いただける多機能トイレを68駅に設置しています。入口付近に触知案内図を設置している他、オストメイト対応の水洗器具も整備しています。

筆談器

 耳の不自由なお客様にスムーズなご案内ができるよう、全駅に筆談器を備えています。

音声音響案内

音声音響案内

音声音響案内

 目の不自由なお客様に駅施設の配置などを音声または音響でお知らせする設備を全駅に設置しています。ホームの階段は鳥の鳴き声、改札口などはチャイムでお知らせしています。

自動券売機の蹴込み

 車いすをご利用のお客様に配慮し、つま先部分の蹴込みを設けた自動券売機を設置しています。

誘導・警告ブロック

 目の不自由なお客様を誘導・注意喚起するブロックを全駅に設置しています。

階段の明度差

階段の明度差

 階段の段差を視覚的に認識しやすいよう、全駅の階段踏面の端部に明度差を付けています。

車両とホームの段差縮小

 電車の乗り降りをしやすくするために、一部の駅ではホームのかさ上げを行い、車両とホームの段差を縮小しています。また、車両とホームの間に渡す車いす用スロープ板を全駅に備えています。

電光表示・放送による列車接近案内

 列車が駅に接近していることをホームの行先案内盤および放送でお知らせしています。

移動等円滑化取組計画書・報告書

 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」第9条の4および5に基づく計画・報告については、以下の通りです。

東京都「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」に基づく整備計画

 東京都が策定した「鉄道駅バリアフリーに関する優先整備の考え方」に基づく、都内のバリアフリーに関する整備計画については、以下の通りです。

鉄道事業の取り組みへ戻る

▲ページトップへ

京王ナビへ

Copyright(C) Keio Corporation All rights reserved.