Job 事務系社員インタビュー

つねにお客様との未来を見据え、
駅をもっと価値ある場所へ。

武田 阿沙美Takeda Asami

鉄道営業部 旅客サービス課

2007年入社/商学部 卒

©'13,'18 SANRIO S/D・G ©'76,'88,'18 SANRIO APPROVAL No.P1011151

Career Step

2007年 鉄道営業部 運転課 富士見ヶ丘乗務区
2008年 鉄道営業部 営業企画課
2011年 鉄道営業部 旅客サービス課
2014年 鉄道営業部 管理課
2015年 鉄道営業部 旅客サービス課 相模原管区 副駅長
2016年 鉄道営業部 旅客サービス課 相模原管区 管区長
2017年 鉄道営業部 営業企画課
2018年 鉄道営業部 旅客サービス課

仕事内容について

ハード面の整備とソフト面の向上を図る。

旅客サービス課のミッションは、「駅における安全確保」「接遇・設備改善によるサービス向上」「駅運営の効率化」「未来の駅のあり方検討」と大きく4つあります。防犯カメラやホームドア、固定柵の整備を行うほか、インバウンドや国際的なスポーツイベントで外国の方が大勢来られる際の対応にも携わるなど、すべてのお客様が快適に駅をご利用いただけるように取り組んでいます。お客様が安全に安心して目的地まで向かうことのできる環境を整えることは大前提ですが、その中で沿線の価値を高めたり、新しい魅力に出会えるきっかけを提供したりすることも、私たちの役割だと考えています。それらを通じて、京王電鉄がお客様に選び続けられる沿線になることを目指しています。安全を守るためのハード面の整備と、人の温かみを必要とするソフト面の質の向上を推進し、時代の変化に対応して、つねにお客様との未来を見据えた駅を創造し、京王電鉄のあるべき姿を提案し続けています。

©'13,'18 SANRIO S/D・G ©'76,'88,'18 SANRIO APPROVAL No.P1011151

やりがい・魅力について

お客様から選んでいただける駅をつくる。

駅舎改良工事の計画を進めていた時、スペースや設備、機能の制約があり、計画策定が難航してしまったことがありました。駅舎改良工事は基本的にお客様に駅をご利用いただきながら、限られたスペースや決められた期限の中で工事を進めるため、一時的にお客様の導線に支障をきたすこともあります。関係部署や工事に関わる企業とも議論を重ね、「お客様に喜んでいただけるために、お客様から選んでいただける駅づくりをするためにはどうするべきか」という考えをつねに持ち続けたことで、最善策を打ち出すことができました。一つ一つの駅には、駅づくりに携わったメンバーの想いや技術が溢れています。また、つくられた駅を駅係員が大切に使い、お客様に対するサービスを向上させている場面を見た時は、とても嬉しくなります。現在の仕事は鉄道に関わる業務すべてに関わることができる、という責任の重さがやりがいであり、魅力であると感じています。

©'13,'18 SANRIO S/D・G ©'76,'88,'18 SANRIO APPROVAL No.P1011151

これからについて

将来の駅のあり方を創造していきたい。

人口推移が減少へと転じ、鉄道の利用者数も減っていくことが予想される中で、お客様に選ばれ続ける沿線となるための将来を見据えた鉄道のあり方を創造し続けていきたいです。そのためには、お客様のニーズを的確に捉えること、確実な将来の予測を行うこと、近い将来を考えるのではなく、10年後、30年後、50年後の未来をどうしていくべきなのかを検討し、それに向かってハード面もソフト面も整備し続ける必要があると考えています。駅の役割やあり方も変化し続けていきますし、駅係員に求められる資質も変化し続けていくと考えています。駅においては、安心感や快適性を満たすことはもちろんのこと、新たな付加価値としての役割を担う場所として存在価値を高めていきたいです。また、駅係員においては、クリエイティブな考え、ホスピタリティの精神、マネジメントの能力を組織として強化していくために、その人材育成に関わっていきたいです。

©'13,'18 SANRIO S/D・G ©'76,'88,'18 SANRIO APPROVAL No.P1011151

One Day Timelineある1日のスケジュール

09:00

出社
メールや速報の確認。24時間365日の69駅の情報をいち早く確認して、困ったことはないか、力になれることはないかを確認する。

12:00

ランチタイム
同じ部署の同僚と大好きなカフェに。写真を撮ったりお話をしたりして、充実したランチタイムを過ごす。

13:00

打ち合わせ
駅の改良工事に伴う工事計画について社内調整を進める。図面を見ながら議論をしてより良い駅づくりを目指している。また、自治体との打ち合わせでは駅のサイン計画やインバウンド対策に向けた提案を行う。

09:30

担当ミーティング
それぞれの担当の業務の進捗状況の確認と、課題の整理をする。2~3カ月先を見越した業務計画を策定、指導する。

15:00

現地調査
各駅の状況を確認して、補修・更新計画を立てるために、現地を調査し、安全確保のための体制を整える。駅係員とのコミュニケーションも大切に。

※掲載内容は取材当時のものです。

事務系社員INDEX

another contents