Work Place 女性座談会

自分の意思を示せば、若手であっても
チャレンジの機会を与えてくれる。
そんな環境だから、瞬く間に成長できる。

大畑 洋子Ohata Yoko

開発推進部
2016年入社/生活科学部卒

入社後、研修を経て開発企画部に配属。事業用用地の仕入れ業務を経験した後、開発推進部に異動してリノベーションホテルの開発プロジェクトを担当。現在は開発した住居・オフィス・店舗などの収益管理に携わっている。

岡本 百合子Okamoto Yuriko

鉄道営業部
2016年入社/現代心理学部卒

入社後、研修を経て鉄道営業部に配属。改札機・券売機など鉄道サービスに関するシステムを企画開発する部署を経て、現在は営業企画課で駅構内・車内の交通広告の管理業務や広告物の企画制作などのプロモーション業務を担当。

佐藤 以織 Sato Iori

株式会社 リビタ
2016年入社/経営学部卒

入社後、研修を経て遊休不動産を住宅やホテルなどにリノベーションして販売・運営するグループ会社のリビタに出向。シェア型賃貸住宅のPM業務に加え、入居者間のコミュニティ・マネジメント業務を担当している。

01

最初は鉄道会社に興味はなかった。
でも京王電鉄との出会いが視野を広げてくれた。

岡本

実は私最初は、鉄道会社に就職しようとはまったく考えていなかったんです。就活では「自分が愛着を持てて多くの人に使ってもらえるもの」を手がけたいと食品メーカーを主に志望していたんですけど、たまたま友人に誘われて行った京王電鉄の説明会で、そういえば「鉄道」も多くの人に使ってもらえるものだと気づいて興味を持つようになりました。

佐藤

僕も岡本さんと同じような感じですね。「あらゆる世代のライフステージに関われるような仕事がしたい」と思って就活を始めたんですけど、鉄道会社はまさにそうだと思って志望するようになりました。

大畑

私は大学で建築を専攻していて、就職するか、大学院に進学するか、ずっと迷っていました。就職するなら、街づくりに携われる仕事につきたいと考えていて、そこで真っ先に頭に浮かんだのが京王電鉄でした。私はずっと京王沿線に住んでいて、中学生の頃、最寄り駅の古びた駅舎が建て替えられるのを見て感動して……見違えるような明るい建物になって、毎日駅に通う私の気持ちも明るくなりました。そんな地域の人の気持ちまで変えるような開発ができればと思って京王電鉄を受けたところ、内定をもらって、じゃあ就職しようと。

岡本

私なんて、そもそも鉄道会社がどんな事業を手がけているのか全然知らなくて、OB訪問で「電車の運転士と駅員以外の仕事って何があるんですか?」って聞いたぐらいなんですよ(笑)。でも、私のそんな失礼な質問にも先輩社員の方がきちんと一から丁寧に説明してくださいましたし、面接などでお会いする社員のみなさんも優しくて、とても温かい会社だなと……そうした社風に惹かれたのと、あとジョブローテーションでいろんな経験が積めるのも、好奇心旺盛な私の性格に合っていると思いました。

佐藤

僕も入社の決め手になったのは「人」ですね。京王電鉄のインターンシップでお会いした社員のみなさんが本当に誠実な方ばかりでした。インターンシップでは「京王駅伝フェスティバル」という沿線イベントの運営のお手伝いをしたんですけど、社員のみなさんが自ら前面に立ってイベントを盛り上げていて、その姿にとても惹かれたんですよね。

02

若いうちから、やりたいことができる
チャンスをどんどん与えてくれる。

大畑

佐藤くんはいま、グループ会社に出向しているんですよね。

佐藤

そうです。リビタという不動産のリノベーション事業を手がける会社に出向しています。実は京王電鉄で実現したいことがあり、採用面接の時からリノベーション事業を手掛けるリビタへの出向を希望していたんです。それは東京で戸建て文化をもっと浸透させていくこと。僕は東北の田舎の出身で、庭付き一戸建てが当たり前の環境でのびのびと育ってきて、東京に住む人もそうした豊かな暮らしができるようになればいいなと思っていました。現実的には都内で戸建てを購入するのはハードルが高いけど、いま空き家が増えているのが社会問題になっていて、それらを再生できれば実現可能なんじゃないかと考えてたんです。

大畑

そうだったんですね。私も希望通り開発部門に配属されて、毎年いろんな仕事を経験してきました。最初の年はビジネスホテルの用地仕入れ、次の年はシェアホテルのプロジェクトマネジメント、そして現在は住居やオフィス、店舗などの自社開発物件の収益管理を担当しています。3年間で開発業務の上流から下流まで一通り経験して、全体が見渡せるようになってきたところです。

岡本

私はちょっと意外な配属でした。鉄道営業部の事業開発課で、そこは改札機や券売機などのシステムを企画開発する部署。システム関連の専攻でもなければ、得意分野でもない私がなぜ?と最初はとまどいましたが、実際にやってみるとこれがなかなか面白かったんです。外部の専門企業と協業してシステムを作っていく仕事で、たとえば、通学定期券を購入する時に窓口に並ばなくてもいいよう、事前にネットで予約して券売機で発行するサービスを実現したり……でも、せっかく良いシステムを作っても、しっかりとPRしないとお客様になかなか使ってもらえないんですよ。そこで広告に興味を持つようになって、そのタイミングで鉄道広告を扱う部署に異動することになったんですよね。

大畑

「京王ライナー」のPR広告も岡本さんが担当したんですよね。まわりの評判も良かったですよ。

岡本

ありがとう!「京王ライナー」の朝の新宿行き新設は全社的なビッグプロジェクトだったけど、上司が「やってみよう」とメインの担当を若手の私に任せてくれました。大変だったけど、自分でどのようにプロモーションすればいいかを考え、広告物を制作していくのはとてもやりがいがありました。

大畑

京王電鉄は本当に若いうちからチャレンジさせてくれる会社。私もいま物件のテナントさんとの賃料交渉もしていて、上司からは「責任は私がとるから、思うように自分で業務を進めてごらん」と。私がロジカルに提案して賃料を少しでもアップできれば、それが会社の収益にも貢献する。そうした重要な仕事を早くから経験できるのは、私の成長にもつながっていると思います。

佐藤

僕が出向しているリビタでもそうですよ。いまシェア型賃貸物件の入居者のコミュニティづくりに関わっているんですけど、先日、各地の物件の入居者同士の交流を深めようと「大人の運動会」というイベントを自分で企画開催して、とても好評だったんですよね。この企画も、部長と一緒にお昼を食べていた時に「こういうことやってみたい」と相談したら「面白そうだね」と賛同していただいたんです。やりたいことをどんどん実行できる環境で、仕事はとても面白いです。

03

つながりあうすべての人に誠実である。
それが京王電鉄らしさだと思う。

岡本

京王電鉄でキャリアを積んで実感するのは、みんな「人とのつながり」を大切にしながら仕事をしているということです。私が手がけているのは、自分自身で数字を稼ぐ営業マンのような仕事ではなく、周囲と協力してひとつのものを創り上げていく仕事。さまざまな関係者を巻き込みながら業務を進めていくので、人とのつながりを大切にして、相手の立場に立って物事を考えなければ仕事が成り立たないんです。

大畑

京王電鉄と関わる方々すべてと共存共栄していくことが何よりも大切だという会社のスタンスがありますよね。たとえば、災害が起こって鉄道がストップした時なども、本社の社員も沿線の住民のみなさんのために進んで現場に駆けつける。そうした姿勢は京王電鉄らしさだと思います。

佐藤

あと、やはりジョブローテーションでいろんな仕事が経験できるのが京王電鉄の魅力ですよね。京王電鉄の外に出てグループ会社に出向するのも、本当に貴重な経験だと思います。僕もいまリビタに出向し、お客様に直に接し、お客様の生の声に触れながらサービスを提供しているんですけど、こうした経験はきっと本社部門ではできなかったと思います。ここで得たことを京王電鉄に持ち帰って、僕が描く「多くの若い世代が戸建てに住める沿線」というビジョンを実現していきたいです。

大畑

私もホテルを運営するグループ会社に興味があります。これまでホテルの用地仕入と企画、物件の収益管理を経験してきたので、今度はホテル事業の現場に携わってみたいです。いろんな世界を見て、いろんなことを吸収して、将来は開発部門の中心となって働きたいと思っています。

岡本

京王電鉄は同じ会社にいながら、まるで転職するかのようにいろんな仕事に挑戦できる。そういう経験ができる会社って他にはあまりないんじゃないかな。私もこれから鉄道部門以外のビジネスも経験していろんな視点を手に入れて、みんなで力を合わせて京王グループをより良くしていきたいですね。

※掲載内容は取材当時のものです。

another contents